北極航海 2017

世界の船窓から

みらい北極観測も繁忙期に入り、乗船者全員洩れることなく忙しく調査に勤しんでおります。そんな中、たまった疲れを吹き飛ばしてくれる北極ならではの自然からの贈り物といえば そう、オーロラです みらいが調査している太平洋側の北極海は太平洋から流れてくる暖かい海流(5~10℃)が9月をピークに広がりますが、この季節は水温に比べて気温が低いため雲や霧ができやすくどんよりとした天気になることが多いです。しかし気圧などの関係でしょうか、時々気持ちのよい快晴に恵まれることがあります。 船内カレンダーの9/3、夕方から晴れ間が広がり、太陽が沈んだ瞬間(とはいっても水平線はぼんやり明るく名残白夜で... 続きを読む

UpTemp0ブイ投入

東京大学・大気海洋研究所の川口悠介と申します。 9月3日に「みらい」からUpTempOブイという観測装置を北極海に投下しました。 UpTempOは海面から約60m深まで17個の水温計が鎖状に配置され、 海洋表層の水温や熱量を測るための装置です。 この装置は、表層を流れる海流と一緒に漂流しながら、表層の水温を連続的に計測します。 夏から冬にかけて北極海の水が冷やされ、結氷するまでの様子をレポートしてくれます。 この装置は、観測の難しい厳冬期にも海氷下の水温データを取り続け、 地球温暖化のシグナルである大切なデータを私たちに提供してくれます。 こ... 続きを読む

海の中の粒子を集める

2017年9月2日、アラスカ州バロー岬沖の海中に1年間沈めておいた装置を回収することに見事成功しました。 その装置は、セジメント・トラップと呼ばれ、海中を沈降する粒子を円錐型の大型のコーンに集めます。この装置で捕らえられる粒子は、プランクトンなどの生物の死骸や砂・泥などの鉱物粒子です。 粒子を調べることにより、生物活動の季節変化や粒子が運ばれるメカニズムに迫ることができます。北極海では海氷減少に伴い、海の流れや生物活動が激変しているため、集められる粒子にも変化がみられるようです。セジメント・トラップは北極海の海洋環境の将来像を予測するうえでも大事な装置といえます。 この装置... 続きを読む

北極航海2016